法律について分かりやすく解説いたします☆

法律は市民生活を支える

法治国家においては法律の定めるところによってその運営がなされます。
例えば行政の執行する予算は法律の定めるところに従って審議を経て決定されたものです。
また、日常生活において享受する行政サービスの根拠となるのは法律です。
これらの例においては自分の見えない範囲で法律が社会を形作っています。
ただ、それだけではなく実際に法律を意識し、その規範に従って行動しなければならない場合もあります。
卑近な例としては、公道を通行する際には、交通法規を守った行動をしなければいけません。
また、クーリングオフ関連の法律のような消費者保護の観点から定められた法律はダイレクトに生活に影響を与えます。
このような意識するかしないかに関わらず法律を無視できない社会にあっては法律サービスを受ける事が必要になる場合もあります。
例えば、近隣住民との騒音によるトラブルがメディアで扱われる事がありますが、そのような時に頼れるのが法律サービスを提供する弁護士のような専門家です。
その法律の専門家にも様々な種類があり、有名なところでは司法書士がありますし、土地家屋調査士という職業も存在しています。
それら専門家はそれぞれの資格によって扱うことが可能な範囲が決まっています。
例えば司法書士は、登記や供託の手続きの代理を始めとする業務を行います。
また土地家屋調査士であれば、その名の示す通りに不動産に関係する登記から家屋の測量なども行います。
上記は氷山の一角に過ぎませんが、二つの例でも法律サービスの専門家が異なる分野を担当する事が分かります。
つまり、法律に関するサービスを受ける際には自分のニーズに対して適切な法律家を選ぶ必要があるのです。
そのためには法律家の種類を詳しく知っておく事と、そのような専門家を抱える法律事務所についても知っておく事が有効です。
法律事務所によっては、異なる得意分野を持つ専門家を多く抱えており様々なニーズに対応できる場合もあります。